行政書士と法律暗記

行政書士になるには法律暗記

行政書士の法律科目暗記方法

行政書士は法律の専門家として国家に認められる資格のなので、合格のためには法律科目の理解が不可欠です。試験に出題される、憲法、行政法、民法、商法のうち、重要事項を暗記することで合格することが可能です。具体的には、憲法のうち統治機構論の条文と、民法や行政組織法の主要条文は条文知識を問う問題が出題されるので、確実に暗記する必要があります。憲法人権論や行政救済法については、概念や前提知識の理解及び判例の理解が問われる問題が出題されるため、それらの理解を深めることが重要です。合格に必要な様々な知識を効率よく身に着けることが、資格取得につながります。

法を暗記する時のコツとは

法律に定められている基準などは、資格試験の勉強を通じて学習すると頭に入れることができます。司法書士や行政書士などでは民法や憲法などの試験科目があるので、学習を通じて基礎的な知識を徐々に頭に入れることができ、実務において必要とされる基礎的な能力を身に付けていくことができます。司法書士では業務で取り扱っている法律が試験科目として出題されることになるので、資格取得を目指しながら実務に使うことができる実践的なスキルを身に付けていくことができます。問題を解いてアウトプットしながら地域を定着させていくことができます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 法律暗記のコツとはなにか All rights reserved